薬剤師の求人条件と勤務

医療機関が移るとの話が持ち上がり、困惑

~福岡の調剤薬局 野間薬局 薬剤師求人募集中~

夜勤がなさそうな調剤薬局へと転職医療機関が移るとの話が持ち上がり、困惑患者さんの健康のために活動して行きたい

結果としてこちらの調剤薬局にもなかなか処方箋を持ってこられません。
今の病状がどうなっているのかなどを気になるケースはあります。
日々の多忙さの中で徐々に薄れてしまうようなことではありますが、それでも気になる患者さんはいますし、処方した薬のその後の病状がどうだろうかを思う人はいるものです。
そうこうしていると元々近隣にあった医療機関が場所が移るとの話が持ち上がり、困惑しています。
ここはいわゆる門前薬局ですから医療機関があってこその調剤薬局です。
もし医療機関が別の場所に移るとなると門前薬局としてのメリットは失われてしまいますし、患者さんがこの調剤薬局を訪れる回数は激減することでしょう。
結果、仕事が無くなる可能性も出て来ます。
そんな心配をしながら仕事をしていく中で、やはり調剤薬局として患者さんを待つだけではなくむしろ患者さんの自宅まで調剤した薬の持参と在宅での療養の指導などを手がけた方が良いのではないかという話が出ました。
患者さんも遠方から来られていてバスで時間をかけて来る人もいました。
医療機関が移ってしまえば転院されるかあるいはそのまま行かれるのかは分かりません。
ただ調剤薬局は変わる可能性がある患者さんが多いことは想定できます。

◎…求人数が多い見込み+条件等も高く見込める
○…求人数が多い見込み
△…求人はあるが、条件は並
×…求人数は少ない

【静岡県】
全域…◎→◎
※特に静岡市以西は高給が見込めます!

【愛知県】
名古屋市…○→○
その他エリア…◎→◎
※特に豊橋・岡崎エリアは高給が見込めます!

— 薬剤師ファゲット (@yakuzaishiphget) 2018年2月10日