薬剤師の求人条件と勤務

患者さんの健康のために活動して行きたい

夜勤がなさそうな調剤薬局へと転職医療機関が移るとの話が持ち上がり、困惑患者さんの健康のために活動して行きたい

このような状態でやはり門前薬局としての魅力が損なわれる可能性があるとして、在宅への薬剤管理指導を行う方針が上から伝えられました。
自動車の運転免許が必須とのことです。
求人の時には求められなかったのに急にそんなことを言われても困ります。
幸い自動車運転免許は取得していました。
ただペーパードライバーですので運転が覚束ないことが心配の種です。
また在宅への指導管理についても服薬管理を求める人が大勢いるのかどうかは分かりませんでした。
そのため介護保険のケアマネジャーからの情報収集を行いながら、徐々に対応を行う方向で動き始めています。
介護保険制度やその制度対象外の患者さんへの在宅服薬管理指導は、特に飲み合わせや処方された薬を飲んでいないことなどがあり、そういったことを少しでも減らしていくことを目的にしていくものですから、患者さんとの信頼関係が欠かせないことは分かります。
またそもそもこうしたサービスを必要としない感情を持っている人も少なくないのは肌で分かるものです。
それでも患者さんの健康のために薬剤師として出来る範囲での活動を今後も行っていきます。