薬剤師の求人条件と勤務

夜勤がなさそうな調剤薬局へと転職

夜勤がなさそうな調剤薬局へと転職医療機関が移るとの話が持ち上がり、困惑患者さんの健康のために活動して行きたい

薬剤師が働く場所としては医療機関特に病院のように大きな組織かあるいは調剤薬局などになりますが、こうしたところの求人に応募して勤務条件などの確認を怠ったことがあります。
通常は日勤で仕事をするのですが病院の場合は夜勤で救急外来に訪れる患者さんがいるので、誰かしら対応をするのは知っていました。
ところが都合で夜勤が出来なかったことをしっかりと伝えていなかったために夜勤の勤務を命じられて困った経験があります。
あらかじめ夜勤可能な薬剤師とでも明記し、面接試験時などにも確認をしてもらえれば良かったと思いますが、特に触れられることがなかったためにそのままずるずると勤務に入ってしまったことは否めません。
世間知らずだったなと後悔しました。
ただその後その医療機関での勤務を辞め転職して別の夜勤がなさそうな調剤薬局へと転職して今に至ります。
ここでは薬剤師の求人はあまり行われていないとのことで、珍しく欠員が出来たために補充の意味で求人を出したとも言われました。
メインは近隣にある医療機関からの処方箋の受付と必要に応じて主治医への確認です。
日勤で済むためこれはありがたいと思いながら仕事に就きました。
昨今患者さんが徐々に高齢化されてきていて、通院回数が減ったと思われる患者さんが多いことにちょっと気がかりです。